尿酸値低下にザイロリック通販を利用   >   高尿酸血症は痛風要注意!

高尿酸血症は痛風要注意!

  検査後の数値一覧表

これまでに痛風を発症したことがある人はもちろん、高尿酸血症と診断された人は痛風発作を起こさない為に、要注意が必要であることを知っておきましょう。尿酸値が高くなっている時点で、関節内に尿酸結晶ができている可能性が高いのです。

一般的に「痛風」と言われているのは、強い痛みが足の親指などの関節に起こる「痛風発作」を指しています。痛風発作は関節内に溜まった尿酸結晶を、免疫機能である白血球が異物だと判断して攻撃することで起こります。

その攻撃によって、周辺の神経や血管が傷つくことで腫れや痛みを引き起こします。そして白血球の働きによって尿酸結晶は少しずつ溶かされるのです。ただ全ての尿酸結晶を溶かす訳では無いので、これまでの生活習慣をそのまま続ければまた痛風発作を起こす可能性は高いでしょう。

尿酸値が高い状態が続けば、尿酸は関節内に溜まり続けてどんどん結晶化されてしまいます。尿酸結晶を増やさない、減少させるためには尿酸値を下げることが一番の方法なのです。

痛風患者は特に食事のバランスに気をつけたり、アルコール摂取量を極端に減らすイメージがありますが、それは急激な尿酸値の増加を防ぐことでしかありません。日常的に尿酸は産生されているので、産生量を減らして体内にある尿酸のバランスを保つことが大切なのです。

このように痛風発作には、尿酸が深く関係しています。高尿酸の状態が続くと結晶化がすすみ、白血球による攻撃が起こりやすくなるのです。高尿酸血症の方は状態にもよりますが、結晶化は既に起こっているか起こりやすいことが言えます。

そのため、いつどんなことをきっかけに痛風発作が起こるか分からないので、ザイロリックなどの尿酸値を下げる薬を服用して対処することがオススメです。