尿酸値低下にザイロリック通販を利用   >   痛風予備軍は運動も適度に

痛風予備軍は運動も適度に

  運動を適度にこなす女性

痛風の方は尿酸のもととなる、プリン体の過剰摂取を防ぐために飲酒することや食事に気をつけるイメージがあります。しかし尿酸は、常に私たちの身体のなかで作りだされているので、簡単に減らすことはできません。

実は遺伝子やエネルギー源の分解時に尿酸は放出されるので、過剰な運動も尿酸値を高くしてしまう要因のひとつにあります。このことからスポーツ選手なども痛風を発症する可能性が高いことが分かります。

運動をしていれば健康に良い、という考えを持っている人も多いようですが「適度」に行うことが一番良いのです。

痛風発作は、尿酸結晶を白血球が攻撃することで起こる免疫反応のひとつです。尿酸値が高い方は、激しい運動を続けると尿酸値がさらに高くなり尿酸結晶ができてしまうのを促進させたり、最悪の場合は痛風発作を起こす引き金をひくことにもつながります。

そのため高尿酸血症である、痛風を経験したことがある、尿酸値が高めであるという方は痛風予備軍とも言えるので運動を適度に行うことで代謝を良くすることに留まりましょう。運動をする=代謝が良くなる、ということだけを考えていれば必要以上に運動して、尿酸値を高めてしまうことになりかねないので注意してください。

もし痛風発作が起こらないからといって、もとの生活習慣にもどったりするなどして尿酸値を気にしなくなれば、またいつ痛風発作を引き起こしてもおかしくは無い状態になることを事前に知っておきましょう。

ザイロリックの服用を継続して、同時に適度な運動を行うことで体内にある尿酸のバランスは整いやすくなります。辛い痛風を繰り返さないためにも、生活習慣を見直してザイロリックなどの尿酸値を下げる治療薬を服用することがオススメなのです。